アイプチを手放せない!

アイプチというのは悪くいうと常に仮面をかぶっている
状態なんですね。

初めてワタシがアイプチをつけるキッカケとなったのは、
友人のトモコがある日、二重まぶたになり可愛くなっているのを
見たからです。

「なんで二重まぶたになってるの?メチャ可愛いやん!」

そこで初めて「アイプチ」の存在を知ったんですね。
その日の放課後には即、同じモノを買いにいきましたよ。
別に学生でもカンタンに手に入る値段でした。

いまではダイソーといった100円ショップでも売っていますしね。

初めてつけたときの感動はいまでも覚えています。
二重まぶたになるだけで印象ってこんなに変わるんだと、
鏡の前で何度もニヤニヤしていましたね(苦笑)

「 お!二重になってるやん!印象違うな〜、可愛いよ 」

次の日、学校に行ったら何人かの男子が褒めてくれました。
もう天にも昇るような気持ちでしたね。

実際、それは自分にとってもすごい自信になったし、
物事も積極的に取り組めるようになり、初めて彼氏ができたりと
楽しい学園生活になりました。(※プールを除き)

そしてそれと同時にアイプチはワタシにとって、
絶対に手放せないアイテムのひとつになりましたね。
まさにカラダの一部といったカンジです。

一度、アイプチを家の中で無くしたことがあって、
そのときに焦ってから常にストックを2本確保しているように
なったぐらいです(^^;

まさにアイプチ無しでは生きていけないってぐらいの
イキオイでしたね。

sample

全額返金保障つき!自然な二重まぶたを手に入れる方法について詳しくはコチラ

関連エントリー

Copyright © 2007 アイプチ・プチ整形ナシ!自力で二重まぶたにする方法. All rights reserved